スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杭打ち工事

基礎工事の開始です

京都にはよく見かけられる、細長い敷地です
杭打ち01

今回調査の結果、地盤を改良する必要のある敷地でした

つまり、鉄骨造の3階建てをのせるのには

地盤が少し柔らかいので

安全にかつ強固に建物を支える為の

通常の基礎以外の下準備が必要になります

そのために、「杭」と呼ばれるものを地中に埋め込みます

分かり易く言えば、地中の柱と言うところでしょうか

↓これが「杭」、1本5mあります
杭打ち03

↓これが杭の先端部
杭打ち02

重機の登場です 
杭打ち04

杭をセットし埋め込んでいきます
杭打ち05

5mの杭がある程度まで埋め込まれました

しかしこれで終わりではありません

今回10m打つ必要があるので
杭打ち06

もう1本溶接で5m繋ぎます
杭打ち07

そしてまた打ちこみます
杭打ち08

更に打ち込みます
杭打ち09

これで完全に埋設されました
杭打ち10

あと5本、計6本同じ工程で埋設しています

そしてその後、この杭の上に基礎を作っていきます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

㈲澤田工務店

Author:㈲澤田工務店
澤田工務店のHP
やさしい住まい造りを
モットーにがんばる
京都の工務店

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。